kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

捨てるか迷う茎の部分…!「ブロッコリー」を無駄なく食べる調理法

1年を通してスーパーに並んでいるブロッコリーですが、旬の時期を皆さんはご存知でしょうか。アメリカなどから輸入されて販売されているものも多く、地域別に収穫時期をずらしているので1年中食べることができますが、ブロッコリーの旬の時期は11月から3月でまさに今が旬の野菜になるのです。食べ物は旬の時期に食べるのが一番美味しいですが、皆さんはブロッコリーをどのように調理していますか? 茹でてサラダにしたり、パスタに和えたり、炒めたり。もしかしてその時に茎の部分は切り捨ててはいませんか。そこで今回は食生活アドバイザーの資格を持つ筆者が、“ブロッコリーを無駄なく美味しく食べる方法”についてご紹介します。調理次第で食べやすくなるブロッコリーの茎の部分を捨てるなんてもったいないですよ!

ブロッコリーの茎について

ブロッコリーはビタミンC、ビタミンE、カロテン、鉄など、多くのビタミンやミネラルを含んでいます。その栄養素は蕾の部分だけでなく、茎や葉の部分にもしっかり入っています。

基本的に野菜は、食べられない部分はないと言われています。食べるか食べないのかは自分が決めることであって、食べにくいから切り捨てているということです。つまり食べやすく美味しく調理ができれば解決するはず!

そう考えると、ブロッコリーの蕾の部分を調理する時に切り捨てている、栄養がたっぷり詰まった茎の部分って、すごくもったいないと思いませんか。ぜひこれからは捨てずに美味しく食べるようにしてください。

調理の仕方

まずは茎の部分を食べやすくするために、茎の周りの硬い部分を切り落としていきましょう。そして中の柔らかい部分を使っていきます。

硬い部分ももちろん食べることができますが、細かく刻んだり茹でたりして柔らかくしてから食べましょう。

スープにする

一番簡単で食べやすいのが、スープに入れることです。薄くスライスしたものを味噌汁やスープ、カレーやシチューに入れてもいいですね。

ブレンダーやミキサーをお持ちでしたら、蕾の部分と合わせてブロッコリーを丸々一個刻んでミキサーなどにかけてポタージュにしても美味しいです。

炒め物や漬物に

いつも切り捨てていた茎の部分に対して「苦みやエグみがあるのでは?」というイメージを持っている方もいるかと思いますが、硬い皮の部分を剥けばブロッコリーの茎はクセもなく食べやすいです。

スライスしてきんぴらにしたり、ベーコンと炒めても相性が良く美味しいです。そして食感がいいのでぬか漬けや、浅漬けにするのもオススメです。

 

いかがでしたか。いつもブロッコリーを調理する時に切り捨てる部分が多くて、もったいないなぁ。と思っていたので色々試してみましたが、なんで今まで捨ててしまっていたのだろう!と思うくらい使いやすく、食べやすかったです。

今が旬のブロッコリーをこれからは丸々一個、美味しく頂いちゃいましょう!

2017/2/20 Nilights掲載

執筆/やまさきけいこ

人気の記事
посмотреть

здесь