捨てるか迷う茎の部分…!「ブロッコリー」を無駄なく食べる調理法

  • Evernoteに保存

1年を通してスーパーに並んでいるブロッコリーですが、旬の時期を皆さんはご存知でしょうか。

アメリカなどから輸入されて販売されているものも多く、地域別に収穫時期をずらしているので1年中食べることができますが、ブロッコリーの旬の時期は11月から3月でまさに今が旬の野菜になるのです。

食べ物は旬の時期に食べるのが一番美味しいですが、皆さんはブロッコリーをどのように調理していますか? 茹でてサラダにしたり、パスタに和えたり、炒めたり。もしかしてその時に茎の部分は切り捨ててはいませんか。

そこで今回は食生活アドバイザーの資格を持つ筆者が、“ブロッコリーを無駄なく美味しく食べる方法”についてご紹介します。調理次第で食べやすくなるブロッコリーの茎の部分を捨てるなんてもったいないですよ!

 

ブロッコリーの茎について

ブロッコリーはビタミンC、ビタミンE、カロテン、鉄など、多くのビタミンやミネラルを含んでいます。その栄養素は蕾の部分だけでなく、茎や葉の部分にもしっかり入っています。

基本的に野菜は、食べられない部分はないと言われています。食べるか食べないのかは自分が決めることであって、食べにくいから切り捨てているということです。つまり食べやすく美味しく調理ができれば解決するはず!

そう考えると、ブロッコリーの蕾の部分を調理する時に切り捨てている、栄養がたっぷり詰まった茎の部分って、すごくもったいないと思いませんか。ぜひこれからは捨てずに美味しく食べるようにしてください。

 

調理の仕方

まずは茎の部分を食べやすくするために、茎の周りの硬い部分を切り落としていきましょう。そして中の柔らかい部分を使っていきます。

硬い部分ももちろん食べることができますが、細かく刻んだり茹でたりして柔らかくしてから食べましょう。

tagタグ一覧