納豆もトマトも!下処理いらずで楽チン「そのまま冷凍保存法」

特売になっているとつい買いすぎて、使いきれずに冷蔵庫の中で食材が傷んでしまったり、賞味期限が切れてしまったりした経験はありませんか? そこで今回は食生活アドバイザーの資格を持つ筆者が、食材をムダにしないよう、冷凍して便利に使う方法を食材ごとに紹介します。面倒な下処理もないので楽ちんです!
  • Evernoteに保存

買ってきたらすぐに冷凍庫へ

食生活アドバイザーの資格を持つ筆者が、そのまま冷凍できるものを、実際に試したものや農林水産省のサイトを参考にご紹介します。

どの食材にも共通するポイントが、冷蔵庫にしばらく入れておいてから冷凍庫に移すのではなく、買ってきて食材が新鮮なうちに冷凍庫に入れるということです。そうすることで、美味しく長く保存することができます。

 

野菜類

早めに調理しないと、しんなりしやすい野菜類は安いときに沢山買っておいて冷凍しておくと便利です。

(1)キノコ類

キノコ類は冷凍することで長持ちするだけではなく、旨味成分がアップするそうです。

<きのこ単体や食べやすい大きさにカットして冷凍すると便利です。また、いろいろなきのこのミックスもおすすめです。

きのこの嵩(かさ)を減らすには、きのこをカットし、新聞紙等に広げて半日から1日乾燥させ、冷凍用の袋に入れて、空気を抜いて冷凍します。

凍ったまま、煮物や汁物、炊き込みご飯などいろいろに使えて便利です。しかも旨味も増すのが嬉しいですね。>

(2)もやし

日持ちしないもやしは、すぐに使わない場合は保存袋に入れて冷凍庫へ入れましょう。シャキシャキ感は多少落ちますが、厚揚げと煮たり、野菜炒めにしたりするときに便利です。

(3)トマト

トマトは丸ごと保存袋に入れて冷凍します。サラダに使うときはそのまま自然解凍してもいいですし、スープやパスタソースを作るときはそのまま使えます。そして冷凍することで切りやすく、トマトの皮もむきやすくなります。

tagタグ一覧