ゴミ箱の臭い消しにも! 「コーヒーの抽出かす」捨てないおトク活用術

挽いた豆でいれるドリップしたてのコーヒーは美味しいですよね。お店ではなく自宅で淹れて飲んでいるという人も多いと思いますが、使用後のコーヒーの粉(抽出かす)はどうしていますか? そのまま捨てているとしたら、それはもったいない! なんと、再利用できる方法があるというのです。
今回は『UCC上島珈琲』のWEBサイトを参考に、筆者が実際に試してみたコーヒーの抽出かすの再利用法と感想を紹介します。
  • Evernoteに保存

コーヒーの抽出かすには“脱臭効果”がある

コーヒーの抽出かすには、脱臭効果があるといいます。なかでもアンモニアの脱臭効果に優れているそう。なぜなら、コーヒーの抽出かすは酸性なので、アルカリ性であるアンモニアを中和させてアンモニアの吸収率を高めるからとのこと。

同社の実験によると、コーヒーの抽出かすは、一般的に家庭用消臭剤に使われている活性炭に比べて約5倍のアンモニア吸収率だそうです。

 

コーヒーの抽出かすを再利用するための下準備

コーヒーの抽出かすは、水分を含んだままのほうがアンモニア臭の脱臭力が高まりますが、置く場所が高温になるとカビてしまうことがあります。

なので、トイレの脱臭に使用する場合は、湿ったままで使用して1〜2日で交換するようにしましょう。それ以外の場所や用途で使用するときは、よく乾燥させてから使うとよいとのことです。

コーヒーの抽出かすの入れ物には、小皿やジャムなどの空き瓶、洋服を購入したときなどに入れてもらう不織布袋、排水溝ネットなどが便利です。

tagタグ一覧