【5月14日】「母の日」のママの本音!正直いらないと思った贈り物TOP5

母の日が近づいてきましたね。翌日以降はママ友同士で「何をもらった?」という話題にもなるかと思いますが、人がもらったプレゼントを聞いて「それ、いらない……」と思ってしまった瞬間もあるのでは? そこで今回は全国に住む子持ち女性500人に、周りのママ友が貰ったプレゼントで、「正直いらない!」と思ってしまったプレゼントについて聞いてみました。
  • Evernoteに保存

第5位:自分の嫌いな食材が入った食品(71票)

アンケートでは、「周りの女性が母の日にもらったと聞いて、正直いらないと思ってしまったプレゼントは?(複数回答)」と聞いてみました。

それによると、6割の人が何らかのプレゼント名を具体的に挙げてくれましたが、その第5位にランクインしたのが「嫌いな食材が入った食品」。

食の好みは人それぞれ。食材によっては聞いていて「それ、私なら絶対にいらない……」と思ってしまうのかもしれませんね。自分の子どもであれば、嫌いな食材は把握してくれていると信じたいところですが。

 

第4位:いかにも100均で買ったと分かる安い小物(89票)

母の日のプレゼントは、値段に関係なく「貰えるだけでうれしい!」と感じる女性は少なくないはず。

ただ、そのプレゼントがいかにも「100均で買ったような安物」だったとママ友から聞くと、「自分ならいらないかも……」と思わず感じてしまう人が少なくないみたいですね。

『Nilights』の過去記事「【5月14日】もう決めた?60代女性が喜ぶ“母の日”のプレゼントが判明」によれば、世の母が母の日のプレゼントに喜びを感じるポイントとして、「自分へのプレゼント選びにじっくりと時間をかけてくれたこと」が挙げられていました。

100均のグッズでは、ちょっとそのあたりの思いが伝わらないのかもしれません。

 

第3位:よく意味の分からない置物(101票)

3位には「よく意味の分からない謎の置物」がランクイン。特に自分の趣味というわけではない、場所を取るだけのインテリア雑貨や置物を贈られたとしても、確かに困るだけですよね。

筆者の周りにも、かつてわが子にもらったという、新進気鋭の芸術家が作った前衛的なブロンズ像の置き場に困っているという高齢の女性がいます。高さ70cmほどのサイズがあり、重たくて、とても扱いに困るそう。

こういう話を聞けば、確かに「自分ならいらない」と感じてしまうかも……。

tagタグ一覧