迷えるママへ! 自立した子に導く「ヘルプとサポート」の区別とは

子どもがある程度成長したら、少しずつ子離れしなければなりませんよね。でも、どんなふうにすればいいのか、迷うこともあるのではないでしょうか。
今回は、お母さん向けのコーチングをベースとした講座『ママイキ』講師の山﨑洋実さんのお話を参考に、子どもの自立をうながす親の上手なかかわり方や注意点についてお伝えします。
  • Evernoteに保存

親のかかわりの“ヘルプ”と“サポート”の違いを知る

山﨑さんによれば、そもそも子育ては、“ヘルプ”という“援助すること”と、“サポート”という“支えること・支援すること”という2つの局面があり、成長とともに、ヘルプからサポートへと徐々に移行していくことが大事なのだそうです。

もう少しかみくだいて言うと、ヘルプというのは、それをやる力が無いから代わりにやってあげること。サポートというのは、自分で解決できるけれど困ったときには助けてあげること。

たとえば子どもが、同じクラスに苦手な友だちがいて困っていたとき、親が学校にクラス替えなどを要求するのがヘルプ。親が子に、気の合う友達ばかりではなく苦手な子がいてもそれは当たり前のこと、と教えるなどして、見守りつつ支えてやるのがサポートです。

赤ちゃんのときは、子どもが自分でできることはないので、親が何でもヘルプしてあげます。でも次第に、歩いたりトイレに行けるようになったりと、自分でできることがどんどん増えていきますよね。その変化に合わせて、親はかかわり方を“ヘルプからサポートへ変えていく”必要があるのだそうです。

 

親とのかかわりが深いのは“つ”の付く年齢

では、親はどのくらいの年齢を目安に、どのようにヘルプからサポートへシフトチェンジしていけばいいのでしょうか。

山﨑さんによれは、お母さんと子どもとのつながりがより深い年齢は、“つ”の付く年齢とのこと。数えるときに“つ”が付く年齢は、1つ~9つ。1歳~9歳ということですね。

この“つ”の付く年齢をひと区切りと考えて、はじめはヘルプだけだったものを、徐々にサポートの割合を増やしていく、そして10歳にはサポートに移行する、こんな感じで考えるとよいそうです。

tagタグ一覧