甘やかすとは違う! 忙しいママが「子どもを上手に甘えさせる方法」

子どもを甘やかすのはよくないと言いますが、“甘やかす”と“甘えさせる”の区別が悩ましくて、モヤモヤしているママもいるのではないでしょうか。
そこで今回は、お母さん向けのコーチングをベースとした講座『ママイキ』講師の山﨑洋実さんのお話を参考に、“甘えさせること”と“甘やかすこと”の区別についてお伝えします。
  • Evernoteに保存

「行かないで~」、でも仕事が休めないときどうする?

仕事に出かけようとしたとき、保育園へ預けようとしたときなど、子どもに「行かないで~」なんて寂しがられてしまったことはありませんか?

仕事が忙しい時期などは、ゆとりがなくて子どもとじっくり関わってあげられないこともありますよね。そんなときには、子どもも寂しさが募って、お母さんに甘えたくなってしまうのかもしれません。

その気持ちがわかるだけに「仕事を休んで一緒にいてあげたいな」などと思うものの、そう簡単に仕事を休むわけにもいきません。

ではそんなとき、どうしてあげればよいのでしょうか?

 

気持ちを“満たしてあげる”ことが大事

山﨑さんによれば、「仕事に行かないで」と甘えられたときには、仕事を休んであげるのではなく、“子どもの気持ちを満たしてあげる”ことが大事とのこと。たとえば山﨑さんの場合は、子どもをしっかりと抱きしめて「一緒にいたいんだよね」と話しかけたり、背中をさすってあげたりしてきたそうです。

これは、子どもの「寂しい」という“気持ち”をしっかりと抱きしめてあげる行為。そうして短い時間でも抱っこしていると、子どもも気持ちが満たされて笑顔になり、ちゃんと見送ってくれるのだそうです。

わずかな時間であっても、不安な気持ち、寂しい気持ちが満たされる、それだけで子どもはずいぶん落ち着くことができるのです。

tagタグ一覧