叱るよりも…!? 学校での「わが子の問題行動」に親がすべきこと

わが子の問題行動を園や学校の先生から報告されたら、まずは驚いてしまう方が多いでしょう。でもそんなときに、ただ頭ごなしに叱るのは、よい方法ではないようです。
今回は、お母さん向けのコーチングをベースとした講座『ママイキ』講師の山﨑洋実さんのお話を基に、お子さんが問題行動を起こしたときの対応方法についてお伝えします。
  • Evernoteに保存

先生から問題行動を伝えられたら

ふだんはやさしくて落ち着きのあるわが子。それなのに、幼稚園や保育園、学校の先生から「おたくのお子さんが、今日、お友だちを蹴ってしまったんですよ」などという報告を受けたら……。

ショックを受けるお母さんは多いのではないかと思います。事実を受け止める以前に、何となく「あなたの躾がなっていないからですよ」とか「愛情不足じゃないですか」と、とがめられているように感じてしまうこともあるでしょう。

ですが山﨑さんによれば、そんなとき先生たちは、決してお母さんを責めようとしているわけではないとのこと。あくまで、事実を報告しなければならないから話しているだけなのだそうです。だから、必要以上に落ち込まないことが肝心です。

それは、自分が落ち込んでしまうと、ついいきなり「どうしてそんなことをしたの!」とお子さんを頭ごなしに叱ってしまいかねないからだそう。先生たちは、お母さんを責めているのではなく、事実を伝えているのだということを冷静にとらえるようにしましょう。

 

そのとき親にできること、すべきことは…

山﨑さんによれば、先生から子どもの問題行動を伝えられたときは、どうしてその行動をしたのか、子どもの気持ちをよく見てあげることが大事なのだそうです。

子どもが、ふだん怒らないようなことでイライラしているようなときは、園や学校で、毎日がんばりすぎてしまって、ちょっと疲れているのかもしれません。実はお子さんは、そんなことをアピールしている可能性があるのです。

もし、その問題行動がイライラした気持ちの表れであるのだとすれば、お子さんのその気持ちを認めて、丁寧に扱ってあげるのがよいそうです。

tagタグ一覧