助産師に聞く! 日常生活における「安産のための」妊婦さんの心がけ

妊娠したら、皆さん安産を願うと思います。では、安産のためにはどんなことを心がければいいのでしょうか。
今回は、開業以来5,000人以上のお産の介助をされている、東京都国分寺市にある矢島助産院の助産師さんからうかがった話をもとに、安産のための“妊婦さんの日常生活の心がけや注意点”についてお伝えします。
  • Evernoteに保存

お産に向けた体づくりが大事

お産は決して楽なことではありません。出産日にがんばって産むためには、妊娠中に健康に留意して体調を整え、体力や筋力もつけておくに越したことはないですよね。

今回お話をうかがった矢島助産院のような“助産院”でのお産は、正常な経過のお産の介助はできますが、医療行為を行うことができません。お産のとき、もし、医療介入が必要であると判断された場合には、母子の安全を最優先に考えて、すぐに嘱託医の産婦人科へ搬送してもらうことになります。

でも、せっかく助産院で産みたいと希望している妊婦さんには、できるだけこうした事態にはならないでほしいもの。そのため矢島助産院では、安全に、そしてできるだけスムーズにお産ができるよう、妊婦さんにお産に向けた体づくりについての提案やアドバイスをされています。

そんな矢島助産院の助産師さんが、妊婦さんたちにおすすめしている、妊娠中の“体づくり”を順にご紹介していきましょう。

 

身体を冷やさない

妊娠している・いないに関わらず、体を冷やしたことから体調を崩す場合がありますよね。

特に妊娠中は、冷えが腰痛、逆子などのトラブルにつながるケースも考えられるので、できるだけ体を温めるように心がけたほうがよいそうです。特に、下半身を冷やさないようにするため、長パンツやカイロなどを上手に利用しましょう。

また夏は、冷房や冷たい飲み物で冷えてしまうことも。洋服で厚着するのは難しいかもしれませんが、靴下やレッグウォーマー、腹巻、さらし(腹帯)などを上手に使うのがおすすめだそうです。

食べ物や飲み物もなるべく温かいものがおすすめ。冷えた果物や生野菜などを食べるときは、一緒に温かい飲み物をとるのがよいそうですよ。

tagタグ一覧