1位は電気料金! 皆の「夏に節約したい出費」ベスト3と節約方法

気温がグンと上がる夏はエアコンの使用などで出費がかさみがち。いくら夏のボーナスが出たとはいえ、普段の生活ではなるべく節約を心がけたいもの。
そこで今回は、クレジットカード向けアプリ『CRECO』を運営するアイ・ティ・リアライズがユーザー889人を対象に実施した「節約に関するアンケート調査」の結果をご紹介します!
  • Evernoteに保存

夏場に節約を心がける費用1位は「電気料金」

お盆の帰省に夏休みの旅行、レジャーなどさまざまなことにお金が出ていきがちな夏。メリハリをつけて、普段の生活ではなるべくお金をセーブしたいものですが、みんなはどんなところで節約しているのでしょうか?

「夏場に特に節約を心がけている出費」について尋ねると、4位は「外食費」(14.3%)、3位「水道料金」(15.4%)、2位は「食費」(21.6%)、そして断トツは「電気料金」(58.9%)という結果に。

3位「水道料金」はシャワーを浴びたり、汗をかいて洗濯物が増えたり、庭の植物に水をやったりするなど水の需要が増えることから、夏に上がりがちな出費ですね。

2位の「食費」に関しては、暑い夏はあまり重いものを食べたくない人も多く、旬の食材も豊富なので他の季節より節約できそう。

1位の「電気料金」は中でも女性高年層で88.9%とかなり高い数字となっています。夏はエアコンが必須なので頭の痛い出費。どう抑えるかが課題になりそうですね。

 

“夏に軽減したい費用3つ”効果的な節約方法は?

気を緩めるとどんどんお金が出ていきがちな夏。そこで今回は、上記ランキングで皆が節約したいと思う1~3位の項目に関して、『Nilights』の過去記事から効果的な節約方法をご紹介しましょう!

(1)電気料金

電気代がかさむのは、使用している家電が旧型がゆえに電力を使用しすぎているせいかもしれません。過去記事「年間約2万7千円も!電球にテレビ…金額で見る“家電の買い替え”効果」によると、

リビングなどでよく使う8~12畳用のエアコンを、2006年製造の省エネ性能低めの機種から、2014年製造の省エネ性能の高い機種に買い替えると、年間電気料金を30,300円から21,000円にまで減らせる

という効果があるそうです。2017年製ならもっと省エネ効果が高そうですので、思い切ってエアコンや冷蔵庫、洗濯機などを最新のものに買い換えると、長い目で見た場合に大きな節約になりそう。

(2)食費

食費についても過去記事「-50%なんと食費が半分に!誰でも出来る“超簡単な節約ルール”5つ」でお伝えしたように、筆者は、食品の在庫を把握してまとめてメニューを作成し、足りない食材のリストを作ってそれらをまとめ買いしています。この方法を取り入れたら、食費は約半分まで減らすことができました。

(3)水道代

過去記事「お風呂だけで40%を使用!FPが伝授“水道代の節約”黄金テク3つ」によると、家庭内で最も水を多く使うのはお風呂で全体の約4割だそうです。

夏はシャワーで済ませることも多いと思いますが、体や髪を洗っている間中ずっとお湯を流しっぱなし……なんてことはないでしょうか? 同記事によると、

シャワーの出しっぱなしを3分間やめた場合の節水量は、約36リットルです。家族3人で毎日使用した場合の節水量は年間で39,420リットル、節約金額は約9,500円と、水道代約2ヶ月分になるのです!

とのことで、出しっぱなしをやめるだけでもかなりの節約になるそうです。

他にも、筆者の知人の配管工によると、水の勢いを調節する節水機能を持つシャワーを使用したり、流す水を少量にする節水機能を持つトイレを取り入れることも効果的だそう。

 

いかがでしたか? 今回取り上げた3つの費用は、ちょっとした心がけで大きな節約が可能になりそう。早速家計を見直して、必要な部分をしっかり切り詰めてくださいね!

(ライター 相馬佳)

 

【参考】

 

 

tagタグ一覧