プロポーズなし婚夫婦にオススメ! 愛深まる「バウ・リニューアル」とは

“ロマンチックなプロポーズ”は、女性にとって憧れですよね。しかし現実は、理想と大きく異なる場合も……!
では世の人々はいったいどのようなプロポーズを受けて結婚したのでしょうか?
今回は、ブライダルジュエリーを展開するプリモ・ジャパンが、直近1年以内にプロポーズまたは入籍をした20~30代の男女500名を対象に実施した「“プロポーズ”に関する意識調査」の結果をご紹介します!
  • Evernoteに保存

プロポーズなく結婚した人が全体の16%も!

調査では、「現在のパートナーにプロポーズしましたか(されましたか)?」と尋ねています。すると、回答は「はい」が84%、「いいえ」が16%という結果になりました。

「いいえ」と答えた人たちは、一緒に暮らしていて自然に結婚に至ったり、何らかの事情でプロポーズのタイミングを逃がしたまま籍を入れたケースでしょうか。

次に「プロポーズをした/された人にお聞きします。プロポーズの点数(100点満点中)とその理由を教えてください」と尋ねると、男女全体の平均点数は72.3点という結果に。

女性側の点数を見てみると、「婚約指輪を贈られた女性」は77.8点、「婚約指輪を贈られなかった女性」は68.0点で、指輪を贈られたかどうかで満足度に差が開く結果になりました。やはり、「プロポーズの言葉と一緒に婚約指輪を差し出してほしい……」というのが多くの女性の理想なのでしょう!

では女性たちが「こんな場所でプロポーズされたかった……」と思う場所はどこなのでしょうか?

3位は「レストランなどの飲食店」(19.9%)、2位は「自宅(自分または相手の家)」(23.3%)、1位は「夜景スポット」(31%)という結果に。

何気ない日常の中で、ある日ぼそっと「一緒になろうか……」などと言われるのもアリかもしれませんが、男性が一生懸命プロポーズのタイミングや場所などを考えてくれたほうがやっぱりロマンチックですよね。

 

“プロポーズの満足度”はどこで決まる?

プロポーズを受けた女性の中でも、プロポーズについての満足感が高い人と低い人で明暗が分かれているようです。それぞれのコメントをご紹介しましょう。

まずは、満足度が低い人の理由から。

「ぐだぐだ感が強かったから(20点)」

女性としては、ハッキリした言葉で明確にプロポーズしてほしいものです。

「本当に結婚する気があるのか分からなかったので(20点)」

「一緒に年を取りたいね」などと言われると、ただの希望的観測か、それともプロポーズか女性としては判りかねてしまう場合も。

では、満足度が高い人の理由を見てみましょう。

「一生懸命考えてセッティングしてくれたことに感激(100点)」

「全く気付かないうちに準備をしてサプライズで薔薇の花束と指輪を貰った(100点)」

ロマンチックなプロポーズをしてくれると、女性の満足度はグンと高まるようです。プロポーズの満足感・不満足感がその後の婚約・結婚生活に影響を及ぼすかどうかは分かりませんが、せっかくなら思い出に残るものにしてほしいですよね。

tagタグ一覧